不動産登記

ホーム業務内容不動産登記

グランドデザインオフィスの不動産登記

業界では珍しい独自の案件管理システムを構築し、さまざまなお問合せにお応えしています。

不動産登記にはご近所問題など複雑な問題が絡みやすいですが、弊社には2300件以上もの問題を解決してきた実績があります。

ご依頼をいただいてから業務完了まではもちろんのこと、数年経ったお客様のお問い合わせにも誠実に対応しています。

不動産登記業務とは

土地や建物(不動産)の広さ、場所、用途などの変更や更正手続きをお客様に代わって申請します。

私たち土地家屋調査士は、不動産の表示に関する登記ごとに必要な土地又は家屋に関する調査及び測量を行う専門家として、不動産の物理的状況を正確に登記記録へ反映させるために、業務を行っています。

不動産登記業務の例(建物編)

case1

まだ登記されていない土地や建物について、新規で行う登記である、表題登記を行います。

case2

建物を増築したときや一部取り壊したとき、建物を改築したときに行う登記である、表題変更登記を行います。

case3

登記されている建物を完全に取り壊したり、焼失した場合には、滅失登記を行います。

case4

区分建物とは、一棟の建物の一部を独立して所有することができる建物のこと。つまり、マンション・二世帯住宅を建てた時には、所有者の意志によって区分建物表題登記を行います。

不動産登記業務の例(土地編)

case1

土地の一部を売買するときや相続した土地を分けるときなどに、分筆登記を行います。
分筆登記の前提として土地の境界確認が必要となります。

case2

複数の土地を統合して一つにまとめる、合筆登記を行います。

case3

登記簿の地積情報(土地の面積)と測量面積が異なる場合、登記簿の情報を修正する、地積更正登記を行います。

case4

土地の利用状況に合わせた地目に変更するため、地目変更を行います。

お問い合わせ

お気軽にご相談・お問い合わせください。

電話でお問い合わせ

  • TEL.082-847-2412
  • FAX.082-847-2413

定休日:水・日・祝日・祭日 営業時間:9:00〜18:00 (土曜)9:00〜17:00

メールでお問い合わせ