ホームスタッフ紹介山本 賢治

お客様と
末永いお付き合いと
なれますよう邁進します

代表取締役

山本 賢治

Yamamoto Kenji

社会人1年目は、学生時代からアルバイトをしていた某家電量販店です。そこではお客様のご要望を正確に理解しベストなご提案をすることにやりがいを感じておりました。嬉しいことに今でも当時のお客様から家電選びのご相談をいただきます。職種は変わり土地家屋調査士となっても同じ事にやりがいを感じています。お客様と末永いお付き合いとなれますよう邁進します。

お客様と接する時に気をつけている事

土地家屋調査士の業務は、筆界や登記など普段聞きなれない専門用語がたくさんあります。お客様とお話しする時は、なるべくわかりやすい言葉に置き換えてお伝えしています。

楽しい事

業務の中で測量業務があるのですが、市街地、歓楽街、広大な山、観光地など様々な地域に行くことが出来て、その地域の文化に触れられることです。

土地家屋調査士のこれから

8士業といわれる業種の中で、最新機器を必要とする業種は、土地家屋調査士だけです。最近の測量ニーズには2次元から3次元へと変化しています。ドローンやレーザースキャナーを駆使する3次元測量が主流となるかもしれません。これからの不動産における権利の明確化には文面での確認行為のほかに、視覚的かつ立体的に理解する必要があります。今後、車が空を飛ぶ時代が訪れた時に空中の境界線を確認するのは、やはり土地家屋調査士ではないでしょうか。いつの時代でも必要とされる士業であるよう日々研鑽してまいります。

スタッフ紹介 一覧へ

お問い合わせ

お気軽にご相談・お問い合わせください。

電話でお問い合わせ

  • TEL.082-847-2412
  • FAX.082-847-2413

定休日:水・日・祝日・祭日 営業時間:9:00〜18:00 (土曜)9:00〜17:00

メールでお問い合わせ